Online porn video at mobile phone


40代 人妻五十路 体験談熟女 30隣の熟女人妻 バイト熟女 セフレ 投稿熟女 セックス 体験おばさん性生活義母 h体験 談 上司熟女 アナル 体験50 熟女人妻 映画 館叔母さん と セックスおばさん 性生活人妻 体験 ブログsex 告白パート おばさん 体験中出し 熟女友達 体験 談おばさん セックス 体験 談義理 母 エッチエッチ体験超 熟女 体験 談おばさん 手こき熟女 不倫コンビニ 熟女女性 の 体験 談熟女 セックス 体験不倫 中出しおばさんとエッチえっち 体験談おばさん と やりたい熟女なかだしol 処女体験 談 勃起不倫 体験60 代 熟女 セックス告白 投稿熟女 パート義母 体験談義母相姦熟女 妊娠ナンパ 人妻母 勃起勃起 を 見せる中出し 熟女熟女 の セフレ熟女 官能既婚 者 エッチ勃起 熟女義母相姦熟女処女勃起 を 見せるセフレ 熟女熟女 初 体験爆乳 処女熟女 風俗 体験 談熟女おばさん60 代 熟女 セックス熟女 セツクス熟女 人妻 体験 談オナニー 体験談熟女 50 才童貞 熟女人妻 風俗 体験 談お願い 熟女熟女 ショーツ人妻 義母50 代 熟女 ナンパアダルト グッズ 体験痴女 おばさん熟女 オナニー母 体験談おばさんのおまんこ義母 不倫五十路 体験おばさん セックス 体験 談えっち 告白彼女のママと風俗で熟女 告白体験談 母おまんこ 中だし熟女 体験 告白不倫 中出し熟女セフレ中出し体験談熟女 アナル 体験 談熟女 エッチ 話50 歳 人妻熟女 の エッチ な 体験 談既婚者 hおばさんとセックスオバサンとセックス大人 の おもちゃ の 使い方

職場のお局様の家に誘われて

転勤先の同じ部署の隣の課に、
とてもグラマーなお局様がいた。
バストもヒップもボリュームがあり、
かと言って

ぽっちゃり・・・
という表現もちょっと違うので
グラマー・・・という表現が
ピッタリのタイプなのだ。
2ヶ月経ち、ようやく
職場の空気に馴染んできた俺だったが、
その気になる熟女とは
未だに会話したことがなかった。
顔は上の下・・・もしくは中の上。
どう見てもオバサンって
感じの彼女だったが、
胸が大きくはちきれんばかりの
ブラウス。
大きい尻でパツパツになった
タイトスカート。
全てを知り尽くした
大人の女の余裕というか色気、
フェロモンが抑え切れずに
放出している。
セックスアピール120%!と、
言った感じ。
ある日、俺の所属する部で
花見が開催されることになり、
偶然彼女が隣の席になった。
そこで初めて会話することができた。
彼女は、他には目もくれず、
俺にばかりお酌をしてくれ、
そしてほとんど俺としか
会話しなかった。
(もしかして俺に気があるのかな?)
そんな風に思ってしまう。
一次会がお開きになり、
二次会へ流れることになった。
彼女は人妻だし、
ここで帰るな?・・・
と思っていると、当たり前のように
二次会へ流れてきた。
俺が席に付くと、
彼女はまた俺の隣に腰を下ろた。
もしかして本当に
気に入られたかな?
そう思うと気分がよくなる。
他の連中がカラオケで
盛り上がる中、俺と彼女だけが、
取り残されたように
ボックスシートの端に
二人並んで座っていた。
不思議とそんな俺たちに
誰も声を掛けてくることもなく、
俺たちは二人だけの世界に入っている。
酔いの所為で、彼女は俺に密着し、
やたらボディタッチしてきた。
俺は満更でもない気分を味わっていた。
「ねぇ?もう出ない?」
彼女が耳元でそう囁いた。
「そうだね、なんだか
俺たちだけ余ってるみたいだし(笑)」
そして俺たちは
二次会の会場を後にした。
「これからどうしよっか?」
俺の腕に絡みつきながら
彼女が言った。
「どうしようか?って・・・
どっかいい店知ってる?」
周囲を見回しながらそう答えると
「二人っきりでゆっくり落ち着ける
場所に行きたいな・・・」
そう言って彼女は俺の顔を見上げた。
「二人っきり?」
「そう♪」
「う~ん・・・」
「私じゃ嫌?」
「そうじゃないけど、
同じ会社の女性とは・・・」
チャンスがあればそれを逃さないが、
同じ職場の女性ととなると話は別だ。
後々面倒は嫌だったから、
これまでもきちっと
一線引いていたのだ。
「大丈夫よ、襲ったりしないか(笑)」
「いやいやそういう
問題じゃなくて(汗)」
「外だとまずい?
誰かに見られたりとか?」
「うん、まぁ・・・」
「じゃあ私ん家来ない?」
「もっとまずいだろ(笑)旦那は?」
「出張^^v」
優柔不断な俺は、
あまりに押しの強い彼女に
結局勝てず、二人でタクシーに
乗り込んだ。
「ビールでいい?
それともウィスキーで水割りでも
作ろうか?」
キッチンから彼女がそう言ってくる。
今、俺は居間の
ソファに座らされていた。
「じゃあ、水割りで・・・・」
「OK!」
しばらくして彼女が戻ってきて、
俺の隣に腰を下ろした。
乾杯し、ひと口水割りを
口に含むとテーブルに
置いた。
二人きりになり
急に俺の方の会話がぎこちなくなる。
「自分の家だと思って
リラックスしてね^^」
そう言いながら、彼女は
俺の膝に手を置いた。
俺はなんとか理性を保っていた。
おそらくこんな局面なら、
誰だって彼女を襲うに違いない。
しかし、頭の片隅には”同僚”と、
いう二文字がどうしてもちらつき、
行動を起せない。
そんな俺にやきもきしたのか、
急に彼女が抱きついてきた。
「ねぇ?抱いて・・・」
虚ろな瞳が若干潤んでいて、
これ以上内色っぽく艶っぽい表情で
見つめてくる。
理性は吹き飛び、
抱いてしまおう!
そう思った時、
俺にいつもの悪の衝動が
湧き上がってきた。
せがまれると意地悪したくなるのだ。
俺は彼女の方に体を向けると
「本番までは流石にまずいから・・・」
と、言いながら豊満な胸に
手を伸ばした。
下から持ち上げるようにすると、
案の定重量感があり
中身がいっぱい詰まっているのが
わかった。
ユサユサ揺すって弄ぶ。
「あ、あん・・・」
「大きいね、サイズは?」
「E・・・でも、
垂れてきてるからちょっと
恥ずかしいかも(笑)」
ブラウスのボタンをひとつ、
ふたつ外していく。
シルクのキャミソールに包まれた
左右の乳房はまるで尻のようだ。
鎖骨から谷間に掛けて指でなぞる。
「あぁぁ・・・」
彼女は仰け反った。
それを何度も繰り返すと、
全身をよがらせる。
「ねぇ?触ってもいい?」
俺の膨らんだ股間を
指差し甘えた声を出す。
「だめ」
「ずるい貴方ばっかり・・・(笑)」
谷間に指を突っ込むと
そのまま下へ引っ張った。
キャミソールが下に開き、
ベージュのブラが露になる。
「いやん、キャミの首が
伸びちゃう・・・」
「じゃあやめる?」
「いや!大丈夫だから・・・」
次にブラの肩紐を左右ともずらし、
そして一気に引き下ろした。
「あっ!!」
メロンのような大きな乳房が
零れ落ちる。
十円玉ような乳輪の真ん中の
小指の先程の突起がピンと
前を向いていた。
「勃起してるよ」
「だってぇ・・・」
両手を胸に近づけ、
乳輪を円を描きながら指先でなぞった。
「はっ・・あっ・・
あんっ・・
あ、あ、あ、あ」
それを暫く続けていると
「いつまでそうしてるの?
は、早く抓って!」
「まだ早いよ(笑)」
「えー!?何それ?ぁああぁぁ・・お願い!」
身悶え体を揺するので、乳房がブルブルと左右に
震えた。
「あぁぁ・・・おかしくなっちゃう!」
彼女の目尻から涙が流れた。
ようやく乳首を摘み引っ張る。
「あーーーっ!!」
彼女は仰け反った。
そして乳房に埋没させたり、左右に捻ったりし
て弄んだ。
「コリコリだね・・・」
「いい!もっとぉ~!」
膝をモジモジ摺り合わせ腰を何度も捻っている。
「ねぇ?オッパイばっかりじゃなくて下も・・・」
「下も?」
「そう!下も触ってぇ!!」
「下は触らないよ(笑)」
「いやーっ!」
彼女は腰を前後に動かし始めた。
「いやらしい動きだなぁ・・・
淫乱なんだね」
「だ、だって意地悪ばっかりするからっ!」
「じゃあひとまずこうしてあげるよ・・・」
俺はそう言い、スカートを腰まで引き上げた。
ブラとお揃いのベージュの
パンティだった。
そしてパンストではなく、
同じくベージュで
腿の所に刺繍が入った
ガーターストッキング
を穿いていた。
「いやらしいなぁ・・・ホント」
タイトスカートの締め付けから解放され、彼女は大きく脚を開いた。
「そんな自分から脚開いちゃって(笑)」
俺は再び乳首を責め始めた。
やがてパンティの小さな染みは
みるみる広がり
股間を包む生地を
500円玉ほどの大きさまで濡らした。
大きな手に余る乳房を鷲掴み、
グニグニ激しく揉みしだく。
「こういうの好き?」
「好きぃ!大好き!!もっと」
「俺も興奮してきた・・・
ズボンがきついから脱ぐよ」
そう言うと一旦立ち上がり、
ズボンとパンツを
一気に下ろした。
勢いよく飛び出した我が息子は、
誇らしげに上を向いている。
再びソファに腰を下ろす。
「すごい・・・
こんなに大きくなって・・・」
ピクピク脈打つペニスを目の当たりにし、彼女の目が丸くなった。
「触っていい?食べちゃだめ?」
「見るだけだよ(笑)」
「どうしてっ!?」
彼女はキッと怖い顔をして俺を睨んだ。
「見て想像してごらんよ、
こいつが中に挿入ってくる状況を」
「気が狂いそう・・・
ねぇ?どうしてもだめ?」
「だめ・・・」
「あーーーんっ!!」
「もう我慢できない!自分で触るっ!」
「それもだめ(笑)」
「お願い・・・
もうおかしくなりそうっ!」
俺は相変わらず、胸を責め続けた。
そして、わざと浅く座って腰を振り、
ペニスが前後に揺れる様を見せ付けた。
「どう?(笑)」
「・・・・」
何も答えないので、乳首を強く摘んだ。
「あんっ!す、すごい大きい・・・
挿入れて欲しい!!」
腰から下だけが信じられない
動きをしている。
少しでも刺激が欲しくて、
パンティがよれて
食い込んで、擦れるように
腰を振っているのだろう。
「あまり意地悪すると
逆に冷めちゃうからね、
脱がしてあげようか?」
「うんっ!お願い、脱がしてっ!」
そう言うと彼女は腰を浮かせた。
パンティを下ろし始めると、
ヴァギナとパンティの間に糸が引いた。
花弁の周囲の黒々した陰毛まで濡れ、
まるでわかめを貼り付けたような
状態になっている。
足首からパンティを抜いてやり、
それを広げてマジマジと見つめた。
「やだっ!恥ずかしいから見ないでっ!」
「お漏らししたみたいに
濡れてるよ・・・」
「いやっ!!」
そんなことを始めてから、
かれこれ1時間は経過していた。
ここまでよくお互い
我慢してるものだと思う。
彼女の股間に視線を落す。
陰唇が薄いので、
自然に貝は口を開いて、
とろけそうなピンク膣口が
口を開いている。
トロッとした白い蜜が
アナルまで滴っている。
「ここに触れた瞬間、
イッちゃうかもね(笑)」
「絶対イッちゃう・・・
散々焦らされたから・・・」
そろそろ俺も我慢の限界が近かった。
なので、立ち上がるとソファに上がり、
彼女の正面に仁王立ちになった。
「ほら・・・俺も興奮して
先っぽが濡れてるよ」
目の前のペニスに
うっとりした視線を向けながら
「ホントだ・・・」
と、彼女は溜息混じりに言った。
そして扱いて見せる。
すると亀頭がヌルヌルに濡れて光った。
「あぁ気持ちいい・・・
こいつが欲しかったのか?」
「うん、欲しい・・・」

あわせて読みたい


Online porn video at mobile phone


40代 人妻五十路 体験談熟女 30隣の熟女人妻 バイト熟女 セフレ 投稿熟女 セックス 体験おばさん性生活義母 h体験 談 上司熟女 アナル 体験50 熟女人妻 映画 館叔母さん と セックスおばさん 性生活人妻 体験 ブログsex 告白パート おばさん 体験中出し 熟女友達 体験 談おばさん セックス 体験 談義理 母 エッチエッチ体験超 熟女 体験 談おばさん 手こき熟女 不倫コンビニ 熟女女性 の 体験 談熟女 セックス 体験不倫 中出しおばさんとエッチえっち 体験談おばさん と やりたい熟女なかだしol 処女体験 談 勃起不倫 体験60 代 熟女 セックス告白 投稿熟女 パート義母 体験談義母相姦熟女 妊娠ナンパ 人妻母 勃起勃起 を 見せる中出し 熟女熟女 の セフレ熟女 官能既婚 者 エッチ勃起 熟女義母相姦熟女処女勃起 を 見せるセフレ 熟女熟女 初 体験爆乳 処女熟女 風俗 体験 談熟女おばさん60 代 熟女 セックス熟女 セツクス熟女 人妻 体験 談オナニー 体験談熟女 50 才童貞 熟女人妻 風俗 体験 談お願い 熟女熟女 ショーツ人妻 義母50 代 熟女 ナンパアダルト グッズ 体験痴女 おばさん熟女 オナニー母 体験談おばさんのおまんこ義母 不倫五十路 体験おばさん セックス 体験 談えっち 告白彼女のママと風俗で熟女 告白体験談 母おまんこ 中だし熟女 体験 告白不倫 中出し熟女セフレ中出し体験談熟女 アナル 体験 談熟女 エッチ 話50 歳 人妻熟女 の エッチ な 体験 談既婚者 hおばさんとセックスオバサンとセックス大人 の おもちゃ の 使い方